種類もいろいろ!美白の女王ビタミンCを使いこなそう

種類もいろいろ!美白の女王ビタミンCを使いこなそう

美白を気にする女性なら誰も知っている有効成分と言えばビタミンCでしょう。でも、一口にビタミンCと言っても実は多くの種類があり、効率的に美白を行うには私たち消費者もその特徴を知っておくに越したことはありません。では化粧品に配合されるビタミンCにはどんな種類があるのでしょうか?

 

化粧品に配合されるビタミンCには大きく分けて水に溶ける「水溶性ビタミンC」と油に溶ける「油溶性ビタミンC」の2種類があります。中でも多く利用されるのは水溶性ビタミンCです。水溶性ビタミンCは早く効き美白だけでなくニキビや毛穴のお悩みにも対応できる優れた成分です。特に代表的な水溶性ビタミンCにはリン酸アスコルビルマグネシウム、リン酸アスコルビルナトリウム、アスコルビン酸グルコシドがあります。もし水溶性ビタミンCを選ぶならリン酸アスコルビルマグネシウムかリン酸アスコルビルナトリウムのどちらかにしましょう。なぜならアスコルビン酸グルコシドは安価ではありますが、現在ではあまり美白効果がないのではないかと言われているからです。そして、水溶性ビタミンCで気を付けなければならないことは刺激や乾燥をやや感じやすいということです。ですから最初は他の化粧水で薄めて使ってみる、パッチテストをしてみるなどしてお肌に合うか試してみましょう。

 

油溶性ビタミンCは水溶性ビタミンCに比べて刺激や乾燥を感じにくい種類のものです。そのため乾燥肌だけど美白ケアもしたいという人にはおすすめのビタミンCになります。ただ、効果が出るのは水溶性ビタミンCよりもゆっくりなので気長に続ける必要があります。油溶性ビタミンCの代表的なものはテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)とパルミチン酸アスコルビルがあります。主にクリームやジェルに配合されているので保湿効果も欲しいときはこれらが入ったものを選ぶといいでしょう。

 

最近では水溶性ビタミンCと油溶性ビタミンCの良い所を合わせ持った「進化型ビタミンC」も出てきました。刺激があまりなく即効性もあるという素晴らしい成分で、代表的なものはAPPSとVCエチルでしょう。そう聞くとすぐにでも使いたくなりますが、APPSはやや安定性に難があることと、VCエチルは安定性に優れていても取り扱っている所が少ないという欠点があります。どうしても使いたいという場合、APPSは原料そのものを通販で購入できますがVCエチルは美容皮膚科などで処方してもらうのが確実な方法です。